お菓子なのに美しい存在

ぼくは男性のくせに甘い物が好きです。いわゆるスウィーツ男性です。そういったぼくが好きな点はデザート屋くんです。デザート屋くんの芝居画面の中のデザートを見分けるだけでも嬉しい。そうして店内の生ぬるい景色も大好きです。そういうデザートの中で、今どき惹かれて要るスウィーツがある。それはマカロンだ。マカロンは卵白と砂糖とアーモンドを混ぜて焼いた間食です。

マカロンの魅力は色々ある。それは一旦体裁です。あの丸い体裁がかなり望ましい。あのシルエットは何とも言えないです。そうしてカラー。お店にはだいぶ多彩にマカロンがならんで要る。てんでアクセサリーみたいで、良くとっても秀麗だ。風味にも様々な種類があり、バニラ・ショコラ・イチゴ・抹茶・ゆず・アールグレイ・桃・オレンジ・ピスタチオ・キャラメル・ゴマ・きな粉など様々である。色んな風味があるのも明るいです。選ぶ醍醐味がありますから。

今日もデザート屋に行きました。いまやマカロンはほとんどのデザート屋くんにあります。マカロンの出所の店はフランスなんだけどね。日本でも完全に浸透したみたいで。そうして、今日はどのマカロンを貰うのか考えました。マカロンは沢山品目があるので悩みます。そうして、決めたのは定番のショコラとバニラと抹茶を買いました。家に帰り、紅茶を呑みながらマカロンを食べました。マカロンは紅茶ととことん合います。その時の時間は、誠に気晴らしができ有意義な時間になりました。甘い物はクライアントを幸せにしますね。ボルサリーノの帽子|パナマハット・フェルトハットの魅力