日本の料理自給確率の低さに驚いてしまいました

日本の食料自給百分率について、近頃本で読み状況を知って非常に驚いた。日本の食料自給百分率は、現在カロリーベース全て自給率で39%だという。こういう集計が高いのか悪いのかとことんわからなかったのですが、調べてみると強国の中でも最低階級なようで。これ程日本の食料は自給できていないのか?とビックリしてしまいました。
最近では何で食料自給百分率が小さいのかというと、農業欠点と食事に秘訣が隠されていらっしゃる。農業人口は知ってのとおり、昔と比較しても大幅に減少していて、若者の農業分かれが進んでいることもあり、職場者も高齢化している。つまり後継がいないし、しかも耕地面積も減少してしまっていらっしゃる。誰も作ろうとしなければ和風は自給できるわけないですよね。そうして食事の欠点。昔は和風といえばお米!として、邦人は手広くお米を食べていましたが、現在ではパンとかパスタとか肉とか様々なものを食べてある。昔の質素な食事では満足できなくなってしまった邦人は、本国のものではなく輸入してきた各種品目の食べ物を食べようとしてある。輸入雑貨は価格も安いですしね。
様々な欠点が重なって日本の食料自給百分率はこのように低くなってしまいました。自給百分率を引きあげる構想はあたいには思いつきませんが、多少なりともこくさんの食べ物を食べたり、そんな感性発達から始めるのが人ゲストにはベストいいのかなと思います。とにかく今後も日本の農業が衰退することなく旨い日本の食べ物を食べていけたらいいなあと思ってある。http://clarkscoinlaundry.com/